Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『鳩居堂の日本のしきたり豆知識』
最近、マガジンカウスから発売されたこの本
                             

江戸時代からつづく、元祖セレクトショップ!
創業350年の老舗、鳩居堂が伝える、
日本の変わらぬ心と伝統文化。
 以上、キャッチコピー


「お正月飾り」「七夕」「礼状の作法」など、
日本の伝統行事や、冠婚葬祭などについてのしきたりを、
キレイな写真と解説がセットで載っています

これぞ、豆知識ですぞ鳩に豆(笑)



内容構成は
第1章 季節の歳事
第2章 祝い寿ぐ
第3章 親しむ、遊ぶ
第4章 弔いこと
第5章 人生の節目
第6章 贈答の心
第7章 手紙、たより




ハウツーものとか、マニュアル本とか、
あると便利っぽくって、
ついつい買ってしまうけど、
見ない、読まない、事が多いのですが、
この本なら、OKって感じです

posted by: more | 読書 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
駅伝と辞書と文楽
早速ですが、
ついこの前のように思うのが、
大学駅伝
「風が強く吹いている」

「舟を編む」

そして、「あやつられ文楽鑑賞」

これらの共通項は
三浦しをんさん

意外な分野で活躍しています

そして彼女の取材力
かなりのもんです
だから読みやすいのかも

ほかにもたくさん著書があるのだけれど、
ご推薦したいのは、
「風強」は、監督・脚本の大森さんがよくて、
      映画のあとに読んだのですが、
      読後感もよかった
「舟」は、辞書(舟)を編集する(編む)と言う縦軸に
     人と人との思いをつなぐ言葉が横軸となって
     織りなす人間模様が、かなり共感しました
「文楽」は、ズバリ、結構好きでして(歌舞伎もいいけど)
     国立劇場に通いました

故 吉田玉男さん、吉田蓑助さん、桐竹勘十郎さん
竹本住太夫さん、ステキです
初めは、何か地味だし、客層もハイエイジが多いし、
ちょっと敷居が高かったですけど
見慣れるとなかなかスゴイです

そして、お客さんの中には
とってもステキなお着物に
帯には何と、ごひいきの人形遣いさんの
紋と名前がさりげなく、ちらっと描いてあります
ちょうどその人形遣いさんの襲名披露の時だった‥‥‥
着こなし方にもほれぼれしちゃいました

とっつきにくそうな文楽に
みーはーになる気持ちが、
読んでみるとよ〜くわかります

大阪の文楽劇場にいつか行って観たいです





posted by: more | 読書 | 10:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |