Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第52回 不白敬和会茶会

6月9日(土)、社中のみなさんと護国寺
行ってきました
不白敬和会のお茶会です



川上不白の流れを汲む諸流が不白の遺徳を偲ぶお茶会なので、
お流儀は違っても、お点前もお道具の拝見も楽しみです

護国寺の開山については、

高崎市の八幡八幡宮の北の方にある
大聖護国寺(だいしょうごこくじ)を住持していた、

亮賢というお坊さんが、徳川綱吉の母、桂昌院の命で

この護国寺を開いたとか
スゴい方がいらしたんですね


 護国寺仁王門


さあ、受付を済ませて、

重要文化財の「月光殿(がっこうでん)」の前を通り、

お家元席の「月窓軒(がっそうけん)」へ

 

お点前をされる若宗匠と半東の峯雪先生(江戸千家蓮華庵HPから)

 

今日の暑さを忘れるような、

茶室に通る涼やかな風、

爽やかさを感じられるお道具組

とても気持ちのいいお席でした

 

ほかのお席は「牡丹の間」と「楓の間」

お席主、お正客のお話も興味深く

楽しいお席でした

 

そろそろお腹も空いて、おしのぎの時間


さすが、三友居のお弁当

美味しかったです

お箸袋の「羹臛」、「こうかく」と読むのだそうです

羊羹の羹という字に、偏はにくづき、旁は雨とふるとり

難しい!

肉や野菜を入れて作った熱い汁もののことで、

茶道の点心として前週の留学僧が明から伝えたとか
 

護国寺には、著名人のお墓がズラリ

松平不昧公のお墓の前で、Aさん、Sさん、Mさん

 

今年は不昧公没後200年、なので

お茶会の最後に、不昧公のお参りして
不昧公の隣は、大隈重信、近くに三条実美などなど

お二人とも大きなお墓です

さて、護国寺とお別れして、

音羽の坂を下って、鳩山会館へLet”s go!girl

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blog.more-than-more.jp/trackback/831
トラックバック