Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
根津美術館の庭園散策とランチ

さて、展示を観覧した後は、お庭の散策です

案内板あり

 

今年も、そこかしこに稲藁ぼっちの飾り物がありました

何かなと思っていたら、奥が松、手前が梅だそうです

根津美術館のツイートに ↓

https://twitter.com/nezumuseum/status/674776440307507200

 

お庭には、茶室が点在しています

斑鳩庵・清蹊亭(いかるがあん・せいけいてい)の

蹲(つくばい)も風情がありますね

下の池の方には鹿威し(ししおどし)があり、

コーン、カーンと音が聴こえます

池の向こうに、閑中庵・牛部屋(かんちゅうあん・うしべや)が望めます

 

そして、ここにも稲藁ぼっちが

 

お庭を散策していたらお腹が空いてきました

庭園の中に、NEZUCAFÉ(ネズカフェ)というレストランがあります

ドアの内側から   美術館の本館が見えます

メニューです       ↑

やっぱり根津といえば、かきつばただよね

ツナとキノコのトマトソースおいしかった♪

好きなドリンクとサラダをつけたパスタランチ

ジンジャーエールを頼んだら、瓶とグラスで出てきました

グラスの中には氷と厚めのレモンスライスが

しかもレモンの皮が剥いてありました

 

お腹が一杯になったら、本館に戻り

ミュージアムショップで図録を購入

2,500円也、これもカードで

便利になりましたね

 

根津美術館の案内図はこちら ↓

http://www.nezu-muse.or.jp/jp/guide/floor.html

フロアガイドに館内や庭園も詳しく載っています

 

とっても充実した半日でした

そうそう、「江戸の茶の湯」展の会期は、今月23日月曜日までです

観たい方、まだ間に合いますよ


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
川上不白生誕300年特別展「江戸の茶の湯」根津美術館

Mちゃんと根津美術館に行ってきました

地下鉄半蔵門線・銀座線の表参道駅から徒歩8分かからないくらい

 

途中でポスターを見ました

少し坂を下り、信号を渡って到着です

植込みの金明孟宗竹(キンメイモウソウチク)がお見事です

 

アプローチ

左側:石舟(いわふね)、つくばいになってます

右側:ここを通って左に曲がるとエントランスです

 

観覧券は、1,300円也

クレジットカードで購入しました

根津美術館 考古コレクションの重要文化財 双羊尊(そうようそん)

   (↑ 根津美術館のHPから)

実物は、2階の展示室4に展示されていて、

中国の紀元前13〜11世紀 高さが45僂らいです

観覧券の裏です

お茶碗のスタンプが愛らしい!

 

さて、肝心の展示は、展示室1・2へ 

不白の師 如心斎の道号「天然」のお軸から始まります

詳しくは ↓

http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

 

見ごたえたっぷり

川上不白の事績が豊富な史資料の展示と

分かりやすいキャプション(説明文)がうれしい!

 

2階の別の展示室6は、お茶道具の展示室になっていて、

今回のテーマは「口切の茶事」のしつらいになっていました

晴れやかなお道具の取り合わせで、しばし沈黙

 

もう1回「江戸の茶の湯」展をよく見て

風情のあるお庭を散策しました


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第2回七事式

10月もあと1週間ほどで終わりなので、

もう1回七事式(しちじしき)をしようと‥‥‥計画しました

 

7つの式の内、「且座(さざ)」、「花月」、そして「数茶

この3つの式を今回お稽古しました

お友達のIさんをお誘いして、社中のみなさん8名と私で計10名

 

10時に席入りして、

まずは、利休さんにお献茶してから、且座

 

且座は、5人でおこなわれます

客3人がそれぞれ、花、炭、香の点前を、

東が濃茶、半東が薄茶を点てます

花を選んでいるSKさん、花入れは床柱の掛け花入れ

香点前はAさん、東はMさん

5人以外の人たちも、後ろから興味深そうに見ています

 

なかなか濃い内容のお稽古

終わる頃には、ちょうどお昼の時間

お寿司で楽しくランチ♪

お吸い物とウニの和え物を作って一緒に出して、

みなさんといただきました

 

さて、お昼を食べたら、花月です

亭主はSYさん、折据を持ってきて、この中の札で点てる人が決まります

花の札を引いて、点前を始めるSNさん

お茶を点てているW君

 

最後に、数茶

参加者は全員です

持っている札によって順番にいただきます

適度に緊張がほぐれていただく薄茶は美味しい!

 

本日のお菓子は

主菓子は、

「重ね菊」練切り

 

お干菓子は、

「小倉山」(種合わせ)

鹿と紅葉で「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の・・・・・」

誰からか、百人一首が出てきました

 

お昼の時間も入れて、延べ5時間くらい

充実したお勉強会になりました


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第65回群馬県茶道会大茶会

本日、令和元年10月20日(日)

群馬県茶道会大茶会が、高崎の少林山達磨寺で開かれました

 

台風19号による被害のため、全面通行止めとなっていた

少林山通りは、本日朝ようやく片側交互通行となり

ホッとしました

秋晴れのいいお天気に、大勢のお客様が足を運ばれ

大盛況のお茶会でした

 

お茶券 3席分(3回)入れます

お茶券の裏面

 

社中の皆さんとおいしいお茶とお菓子をいただき

お道具も拝見して充実した一日となりました

普段のお稽古の所作が生きてきますよね 

 

他流のお茶席にも入って、とてもいい、楽しいお勉強になりましたgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
香点前のお稽古

茶道のグループ稽古の七事式(しちじしき)

この7つの式の内のひとつに、「且座」(しゃざ)というのがあります

 

メンバーは5人で、折据(おりすえ)の中の札を引いて

役割を決めます

「二」を引いた人が三客になり、香点前をします

普段のお稽古では、なかなか香を聞く機会がないので、

物は試し!とばかりに、割稽古しました

 

香りを楽しむ、鑑賞することを「香を聞く」とか「聞香(もんこう)」といいます

 

用意するものは、

香盆、聞香炉、重香合、銀葉(雲母)、銀葉挟み、香箸、火箸、

たとう(香包み)、香炉灰、灰押さえ、香木、香炭団など、

且座では、香道具の内の一部を使います

香たどん

 

白檀の木 左側は母が削った跡が残っています

 

香木を香炉で薫くのですが、だいたい白檀を使います

ほかには、沈香(じんこう)、伽羅(きゃら)などもあります

 

白檀は、みなさんご存じのサンダルウッド

瞑想にも用いられる落ち着いた香りです

学名は、Santalum album  サンタラム アルバム

ビャクダン科の常緑高木で、

インド南部のマイソールあたりのものが最も高品質とされ

「老山白檀(ろうざんびゃくだん)」といわれています

ちょっとオリエンタルでウッディーの香り、甘い香りも

 

この角割をさらに1/3くらいに割って使います

 

香炉に香炉灰をいれ、火をつけた炭団を埋めて、灰押さえで灰を整えて、

火窓・聞き筋をつけます

火窓の上に銀葉を載せて、香木を銀葉の上に載せて、香を聞きます

香木に直接火をつけるのではなく、間接的に温めます

 

「最初、甘い香りで、それから落ち着いた香りが聞こえてきます」

と言ったChi-ruちゃん

いい感してますね

 

香点前がすんだら、床の間に飾ります


さあこれでお点前大丈夫かしら?!

七事式で且座に挑戦してみましょう


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏のお菓子あれこれ

早いものでもう9月

今年の夏も暑かったですね!

 

清友庵の夏のお稽古のお菓子は、

涼しさを五感で感じてもらえるようにセレクトしています

一部をご紹介しますね

 

まずは、お干菓子(ひがし)から

 

  「氷室」、「朝顔」→ 裏面は味噌松風になっています

 

 

  「かき氷」、「夏菊」    「蟹、水、青楓」、「うちわ」

 

それから、主菓子(おもがし)は

  「朝顔」

 

  「山あじさい」

 

  「ホタル」

 

夏ならではの風情の意匠

和菓子はキレイで可愛くて美味しいですよねgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冷たーいお茶で、おもてなし

8月になって、もの凄く暑いですね(;´Д`)

 

夏は、まず目から涼しさの演出

茶室の室礼(しつらえ)を変えます

お座敷スダレをかけて、

お軸は、表装が涼やかな浅黄色の本阿弥切の

臨書をかけました

 

普段のお茶のお稽古もしますが、

まずは、猛暑ならではのお茶のおもてなし

冷水点て(れいすいだて)」のお稽古から

お道具も義山(ぎやまん ガラスのこと)の

お棗、お茶杓、お茶碗を使って

冷たい氷水でお茶を点ててもらいました

 淡青金彩の棗

 

お茶碗の中の茶巾は「千鳥茶巾」にして仕組みます

水指には、氷水

Chi-ruちゃん、初めての冷水点てです

冷たいお茶を一口含むと、

さあーっと涼風が吹いてくるような感じ

冷たくてまろやかな甘さ、おいしさが

身体にしみ入ってきます

 

お菓子も涼菓、錦玉羹の「青楓」などを

 

しばし、暑さを忘れるひと時です


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第1回七事式

社中の皆さんもお稽古を重ねてきたので、

そろそろ七事式(しちじしき)を

してみようかなと‥‥‥計画しました

 

七事式は、18世紀に表千家7代の如心斎(じょしんさい)・

弟の裏千家8代の一燈宗室(いっとうそうしつ)

そして、如心斎の高弟で、流祖川上不白(かわかみ ふはく)が

茶道の習練を目的に制定した7つの式

 

7つの式の内、「花月」、茶花にかかわるものの一つ「廻り花」、

そして「数茶

この3つの式を今回お稽古しました

お友達のIさんをお誘いして、社中のみなさん7名で計9名

 

今の時季はお花が少ししか咲いてなくて‥‥‥

先生のお庭の花をたくさんいただいてきて、

Mさんが持ってきてくれたのと合わせたら

とってもステキな花が集まりました

 

10時に席入りして、

軸は「七事式」

水指はイタリアのDerutaのポット

以前イタリアに行ったときにもとめてきました

塗蓋を合わせて水指に見立てました

初めてのお目見えです

 

まずは、利休さんにお献茶してから、廻り花

 

特別にむずかしい決まりはなく、程よく選んだ花を

三重切(さんじゅうぎり)の竹花入れに

主客がかわるがわるに入れていきます

 

お正客(上座)から、中、下、上と

順に花を生けていきます

そして、4番目の人は、中を生けた人に

「揚げさせていただきます」と挨拶して、

そこに違う花を生けます

そして、その次に亭主が生け、

正客が「お止めください」というまで

順に生けて行きます

とは、いうものの

花入れの前で、新人さんもベテランさんも悩みます

バランスと色と考えながら生けるのは

結構難しいですが、でも楽しい

 

さて、廻り花がおわったら、花月です

 

ちょうどお昼頃になったので

お寿司でランチ

事前に作っておいた味噌仕立てのけんちん汁と、酢の物を

一緒に出して、みなさんといただきました

 

午後は、また廻り花、花月をして、最後に数茶

いつものお稽古とは違った緊張感と楽しさがありました

 

そうそう、本日のお菓子

お干菓子から

「うちわ 朝顔」(種合わせ)、「風鈴」(和三盆)

 

主菓子は、

「水の面(みずのおも)」(琥珀羹)

錦玉羹の中に、大徳寺納豆が入っています

この塩味がいい感じ

 

何とか時間通りに終わってよかった

社中の皆さんが一緒にお稽古する機会は少ないので

いいお勉強会になりました


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道体験コース3回目

清友庵茶道教室の体験コースは月2回の3ヵ月コースで6回

W君は3回目です

お点前の基礎となる割りげいこのほか、

お点前の最初から最後まで通してお稽古しています

 

「略盆点前」は、風炉釜を使わずに銀瓶や鉄瓶、またはポットなど

身近なお道具でお茶を点てられるお盆のお点前です

でも、帛紗の扱い、棗・茶杓の拭き方、茶筅・茶巾の扱いなどの所作は変わりません

 

なので、みなさん最初は結構苦労します

そして不思議なことに、いつの間にかたどたどしさが取れてきます

 

さあ、まず本日のお菓子から

七夕にちなんで「織姫」

かわいい糸巻の形です

 

お干菓子は、和三盆で「流れ星」と、天の川の「水」


早速お点前にチャレンジ!

棗からお茶碗にお茶を入れて

茶筅の振り方もよかったですよ

W君の点てたお茶おいしかったです!

 

棗の中のお茶を乱さないように、茶杓でキレイにすくえていました

 

W君曰く、

「茶道のお稽古は忙しない日常の中で心を落ち着かせる時間」だとか

フレッシュな姿勢が伝わってきて、次回のお稽古も楽しみですgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いよいよ、風炉で濃茶のお稽古

5月の初風炉も終わり、6月になって

だんだん風炉のお稽古にも慣れてきた頃

 

   6月の掛物とお花

お軸は「直心 素直なる竹の姿にならへ人 うきふししげき 世には住むとも」

大綱宗彦(だいこうそうげん 1772〜1860)和尚遺詠和歌で

大徳寺黄梅院の小林太玄の筆になります

花は、下野(シモツケ)、紅輪蒲公英(コウリンタンポポ)、未央柳(ビオウヤナギ)、縞葦(シマアシ)

花入は、鮎籠

 

薄茶のお稽古を重ね

いよいよ濃茶のお稽古が始まったTちゃん

感想は、「お濃茶、むずかしいです」

確かに難しいけれど、よくできました!

 

お濃茶をいただく前にお腹の中に入るのは、主菓子

   今回の主菓子は、「鮎焼」

6月ならではのお菓子です

もちもちした求肥が中に入っていて美味しい!

 

お濃茶をいただいたあとは、

お薄(薄茶のこと)をいただきます

 

お薄にはお干菓子

   「三角アヤメ」(ゼリー)と「流れ水」(落雁)

 

お薄をいただいてホッとするひとときですgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 茶道 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |