Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
新治地区巡見 その3 そして須川宿

須川宿へ向かう途中、

町野久吉」のお墓に寄って行くことになりました

昨日の話題提供「明治維新 三国戦争」に出てきた、

町野久吉は、1858(慶応4)年、三国峠における

会津軍と新政府軍の戦闘で戦死した、弱冠17才の会津藩士でした

 

国道17号に沿って坂をくだると右側にあるので、

車を左側のトラックステーションに停めて、

国道を横断します

木陰の中に、「三国古戦場略図 戊辰戦と町野久吉少年

 

旧三国街道遊歩道案内図

 

会津藩士白虎隊 町野久吉墓

裏面に「昭和三十五年六月吉日 町野武馬翁有縁の有志再建之」

 

会津白虎隊町野久吉少年由緒記

 

しばし三国戦争に思いをはせて須川宿へ

須川宿資料館は、

三国街道の須川宿のほぼ中央、脇本陣の跡地に建てられています

須川宿資料館  門は、本陣の門を復元したもの

展示は、古文書・書画・武具など本陣の資料のほか旧家のたくさんの歴史資料

「御本陣」と書かれた木札のほか、関札もたくさんあり、

宿場町の繁栄を物語っています

また、「巳四月(明治2年) 岩鼻縣」の目安箱についての高札、

「群馬縣御用」の木札など興味深かったです

 

須川宿から大道峠(だいどうとうげ)方面へ向かい、

奥平温泉 遊神館でお蕎麦の昼食をすませて、散会!

 

群馬地域史懇話会のみなさん、また来年会いましょうgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 歴史 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新治地区巡見 その2 永井宿

ゆっくりと坂道をのぼり

当時旅籠だった重厚な構えをパチリ!

2階が、せりだした「せがい造り

柱の上部から腕木を出して支えています

 

  ↑「大丸屋」↓

せり出した部分に、丸に大! 粋ですね

 

 

  ↑「和泉屋」↓ 現在は民宿になっています

せり出した部分の彫刻がスゴイ!

 

坂道をどんどんのぼると

珍しいものがありました

水神様の御幣だそうです

 

                   (Google mapから)

   ↑「本陣」は、「四郎宇右衛門」ではなく「四郎右衛門」です

三国街道は、坂をのぼりあがると鉤の手になっています

左にカクっと曲がった道を行くと17号にぶつかり、

横断して三国峠へと続きます

 

今は静かな永井宿

当時は旅人の往来で、さぞかし賑わっていたことでしょう

 

さてこれから、須川宿へと向かいますgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 歴史 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新治地区巡見 その1 猿ヶ京から永井宿へ

2019年8月18日新治地区の巡見です

コースは、

宮野城空堀猿ヶ京関所資料館永井宿郷土館須川宿資料館 

 

            (「まんてん星の湯」のパンフから)

 

まずは徒歩で、宮野城の空堀・土塁からスタート!

の前に、

湖城閣の敷地内の解説板で宮野城址(猿ヶ京城址)についてレクチャー

解説の出典は、故 山崎 一先生の『群馬県古城塁史の研究』からかも?

 

上杉謙信宮野城址 内堀」の看板

古城閣を出てすぐのところにあります   

 

ここは同じく「外堀

 

道なりにまっすぐ行くと国道17号

信号を渡るとそこは

猿ヶ京歴史資料館です

現存する役宅の一部をそのまま資料館として公開

女人通行手形をはじめとする武器、鉛、入湯、囚人などの各種通行手形

飛脚の門鑑、江戸期の旅人の持ち物、関守道具など

多数の史資料が所狭しと展示されていました

 

それから車で移動して、永井宿

永井宿郷土館

参勤交代で大名が宿泊する際に、本陣玄関に掲げられた木札「関札(せきふだ)」や、

地元永井十二神社で奉納される獅子頭のほか民俗資料などが

展示されていて、まず目に入るのは

手前の甲冑は、天正10(1582)年三国峠(くぐつが谷)の戦いで

使われたとか 「法師温泉 長寿館蔵」とありました

甲冑の並びには、関札もみえます

 

三国峠を越えてから最初の宿場町だった永井宿

当時の永井宿をうかがえる家並みが残っているので

界隈を散策

 

永井宿の本陣は笛木四郎右衛門家でした

町指定史跡 本陣跡は、みなかみ町営バスの停留所「永井宿郷土館入口」が目印

敷地内には、与謝野晶子の歌碑があります

「訪ねたる永井本陣戸を開き明かりを呼べば通う秋風」

その左には、「本陣址」とあります

 

ここあたりから、坂道をのぼると三国峠へと道は続きます

当時の旅籠だった家並みが見えてきますgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 歴史 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第26回群馬地域史懇話会 猿ヶ京温泉

20019(令和元)年8月17日(土)〜18日(日)
第26回群馬地域史懇話会の宿泊研修会に行ってきました

今回、世話人の引継ぎもあり、新たなスタートになりました

 

会場はみなかみ町猿ヶ京温泉湖城閣」、巡見は新治(にいはる)地区



   赤谷湖から望む湖城閣  (湖城閣HPから)

戦国時代の山城「宮野城(みやのじょう)」は

人造湖の赤谷湖に半島状に突き出た台地の上にあります

国道17号から少し入った、関所資料館の反対側)、

上杉謙信がたびたび入城した山城で、

湖城閣はその本郭跡にあり、周辺には空堀と土塁の一部が残っています

 

 

  湖城閣の女性専用露天風呂 湖城閣HPから)

夜、なんと!コクワガタ2匹と遭遇しました

温泉のお湯は、露天風呂も大浴場も源泉100%かけ流し

含む石膏食塩泉なのでやわらかくていいお湯でした

 

さて、今回の出席者は25名

肝心の研修は、話題提供が

「三国街道・猿ヶ京関所・湯島温泉」 岡田 昭二氏

「明治維新 三国戦争」 渋谷 治氏

「三国街道と赤谷の森 赤谷プロジェクト」森内 賀久氏

の3本

江戸期から現在までの多面的な検討発表は

普段ぼーっとしている頭に(笑) いい刺激をいただきました

 

もちろん発表終了後の懇親会、2次会も遅くまで盛り上がりました


18日の巡見については、次回にgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 歴史 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
巡見inみなかみ町 その4

さて、巡見最後の

県指定史跡名胡桃(なぐるみ)城址

天正年間(16世紀)、

上野(こうずけ)に勢力を伸ばしてきた真田昌幸

名胡桃氏の館を攻略し、北条方の沼田城を奪取する際の

前線基地として築城

 

平成27年に整備されています

 

般若郭が駐車場になっているので、そこに車を停め

説明をお願いしている渋谷 浩先生と

名胡桃城址案内所で待ち合わせて、いざ!

(渋谷先生も懇話会当初からのメンバーです)

 

本郭中央に建立された「名胡桃城址之碑

揮毫は徳富蘇峰、小説家徳富蘆花の兄

 

ささ郭で沼田城址の方を眺めながら

奥の左から二人目が、世話人代表石原 征明先生

四人目が、渋谷先生

 

無事に巡見が終わり、昼食をいただいて解散!

また、来年会いましょう

 

さあ、今日のお楽しみは、あとひとつgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 歴史 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
巡見inみなかみ町 その3

国指定遺跡矢瀬(やぜ)遺跡から徒歩約10分、

といってもこの暑さ、車に乗って来た月夜野郷土歴史資料館

 

玄関には、プランターでしょうか?

 月夜野ガラスみたいです

キレイなグリーンですよね

 

大形甕について説明する世話人の一人の藤井さん

キャプションには、

 南北朝〜室町時代(14世紀後半〜15世紀中頃)

 愛知県で生産された常滑の大甕と呼ばれる製品

 ほぼ完成品であり、学術上貴重なものである

下の写真には、

 昭和7年古馬牧小学校校庭拡張工事の折

 土中より発見された甕中に古銭が数百枚あった

と書かれています

 

矢瀬遺跡の出土遺物展示コーナーです

   耳飾り

  

   土偶

   浅鉢形土器(あさはちがたどき) 縄文時代前期

ガラスケース越しですが、リーフ柄のような模様がステキです

   木柱根

矢瀬遺跡から出土した木柱根を剥ぎ取った埋設状況資料

 

そのほか、考古、歴史、民俗の資史料がズラリと並んでいます

   (「奥利根湯けむり街道」HPから)

県指重要文化財 明徳寺の木造聖観音坐像

優美なお姿、拝見できて うれしかったです

 

そして、巡見最後の

県指定史跡名胡桃(なぐるみ)城址に向かいますgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 歴史 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
巡見inみなかみ町 その2

月夜野エリアに来ました

 

国指定遺跡矢瀬(やぜ)遺跡は、

道の駅 矢瀬親水公園内にあります

縄文時代後晩期の祭祀的な施設、墓地、

住居群があったそうです

 

道の駅の上の駐車場に車を停めて

四隅袖付炉(よすみそでつきろ)の館

住居後を保存処理してあり、建物の中で見ることができます

残暑が厳しい時期なので、ありがたいです

 

   四隅袖付炉です   (みなかみ町観光協会のHPから)

ホントに文字のとおり!

囲炉裏の四隅に袖のようにがついています

漢字の「目」の字のように石が並べてあります

 

外へ出ると、復元された矢瀬縄文ムラが目に入ってきます

  高床建物

  木柱列水場

  水はいまだに湧き続けているそうです

 

ほかにも住居などが建ててあって、中も見学できました

頭の中でイメージするより、迫力ありますよね

 

この遺跡の出土遺物を展示している、

月夜野郷土歴史資料館に向かいますgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 歴史 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
東京 芝の増上寺の管長さんと高崎
東京 芝の増上寺の管長さんは
高崎にゆかりがあるんですって


  増上寺        増上寺のHPから

浄土宗大本山増上寺の一番偉い方、トップですね
いわゆる管長(かんちょう)という役職を、法主(ほっす)というそうです
浄土宗大本山増上寺 第88世法主 八木季生(やぎ きしょう)さん
尊称は、台下(だいか 身分の高い人を敬って言う言葉)

お世話になった(なっている)Nさんから教えていただきました
  「八木季生台下は、高崎藩士 八木弾右衛門・弾助の子孫」

『新編高崎市史 資料編5』を見てみると
あっ!出てます、出てます

 
   ↑八木弾助 安政6年(1859)高崎藩分限帳 新編高崎市史より
  
  「幕末期、八木弾助に3人の息子がいて、
   長男は八木義生、次男は八木義信、三男八木元三郎」
 
    ↑八木元三郎 明治3年(1870)高崎藩職員録
  
  「三男元三郎は慶応頃から、高崎藩飛領の銚子詰だった
   元三郎は30代の若さで没し、困った奥方は幼児を寺院へ預け、
   その子は寺院養子の僧侶となった
   この人が、季生台下の父上です」

このお話は、
Nさんが八木季生台下の息子さんで、
一行院現住職の千暁さんのブログに出てたのを発見して、
千暁さんと連絡をとったそうです

でも残念ながら、今そのブログは
HPをリニューアルしたせいか存在していません

  一行院           一行院のHPから

季生台下は、昭和4年東京生まれ
文京区一行院の住職を務め、浄土宗の役職を歴任し
平成20年11月21日から88世法主に就任され、現在にいたってます
        
徳川将軍家とのゆかりの深い増上寺
高崎と思わぬつながりがありましたgirl

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
 
posted by: more | 歴史 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
草津町に設置された重監房資料館
第22回群馬地域史懇話会の最後の見学は
重監房資料館です


草津温泉街から車で7分
国立ハンセン病療養所栗生(くりう)楽泉園」の敷地内にあります

ハンセン病をめぐる差別と偏見の解消を目指して
国が設置した資料館です

まずレクチャー室で、ハンセン病や特別病室
(その実態はハンセン病患者の懲罰室)、
についての映像を見てから
主任学芸員の北原誠氏に展示ブースで解説していただきました

ニュースなどで知ってはいたものの
展示をみて、胸がつまりました
見学者全員の言葉がだんだん少なくなり
無言になります
見に行ってよかったと思います

重監房資料館のHPはこちら矢印
http://sjpm.hansen-dis.jp/


その後、草津町前口でおそばの昼食を食べて解散しました

今回も世話人の方々に、文字通り
お世話になり、ありがとうございました
特にFさんにはホント感謝です
また、来年もよろしくお願いします

今回入った草津温泉!
酸性が強いと聞きましたが、
ひじ、ひざ、かかとがツルツルに
天然温泉のピーリング効果でしょうか
うれしかったですgirl
posted by: more | 歴史 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
草津温泉ぶらぶら探検
群馬地域史懇話会の巡見は楽しい!
草津温泉の迷路のような小道も通ります
中沢さんがガイド役ならでは、ですね

温泉のシンボルは、湯畑
湯畑の前にある、源頼朝にゆかりのある御座之湯

右上にチョット見えるのが頼朝宮です
頼朝がこの辺りの石に座ったのかも

左が旧御座之湯の白旗源泉(上記の画像の左側)、
中央奥が現在の御座之湯

湯畑をぐるっとまわると、山本館が見えます

大正時代の建築で木造三階!
今の草津温泉で一番古い建物


湯畑の煙の向うに見えるのは
湯滝の燈籠 文政13年(1830)に寄進されたとのこと
湯樋は木製で、5年に一度取り換えるそうです

八代将軍(吉宗)御汲上の碑
江戸まで温泉の湯を運ばせたとか

信州街道の道しるべもありました

「従是(これより)常布瀧 白根山」
「従是 鬼泉山(現在の西の河原) 氷谷」

左に小さく道しるべ、右に見える道が信州街道
渋峠へと続きます

この道しるべには「寛政十戊午(つちのえうま 1798年)」
とあり、県の文化財に指定されています


旅館大阪屋の文字、趣がありますね
俳人 河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)の揮毫ですって
正岡子規の門人で、子規門下の双璧の一人です


歩いている途中にあった温度計 22℃
今10時頃、高崎は25℃くらいでしょうか


ここは地蔵の湯
すぐそばに源泉の小さな湯畑があり、地蔵堂もあります
湯畑の前には小さなお地蔵さんが2体
眼病にいいとか
そういえば、『新編 高崎市史 資料編8』P.450〜452に
嘉永3年(1850)と文久2年(1862)、片岡郡石原村名主 山口太郎平が
眼病治療のため、草津入湯許可願いを出した史料が掲載されています


そして、ここはセント・バルナバ教会
コンウォール・リー頌徳公園の中にあります
イギリスに貴族の娘に生れた
メアリ・ヘレナ・コンウォール・リー女史が
この教会を設立し、ハンセン病患者の救済活動に
一生を捧げたそうです


リーかあさま記念館の開館時間前だったので
教会の中を見学させていただきました


頌徳公園にあるリー女史の顕彰碑


草津町役場です
1階に町立図書館があります
この役場と隣のバスセンター辺りが、
江戸期に光泉寺が管理した無縁寺という寺の跡地だそうです
無縁寺の庭の一角に、草津温泉の湯治で亡くなって
引き取りのない遺体を埋葬しました

ここがその墓地だったところ
墓地は、現在は町営墓地に移転されていますが、
図書館で、誰かが歩いてる音や、本をめくる音など、
ミステリアスな音を聞いた人がいるそうです!?

車をおいた集合場所に戻って
名ガイドの中沢さんとお別れです
前日の発表と合わせて、ディープな巡見になりました
ありがとうございました!

さあ次は、草津温泉から車で移動しますgirl
posted by: more | 歴史 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |