Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
あきない世傳 金と銀

さてさて久しぶりに本をご紹介します

 

高田 郁(かおる)さんの

あきない世傳(せいでん) 金と銀』シリーズです

みをつくし料理帖』シリーズでお馴染みですよね

 

みをつくしでも出版されるのがとっても楽しみでしたが、

あきない世傳もスゴいです

 

18世紀の大坂(昔は大阪でなく大坂と書きました)

天満の呉服商「五鈴屋(いすずや)」に、

9歳で奉公に出された(さち)という少女の

いわば細腕繁盛記

5冊目の転流篇が好評発売中!

帯のイラストもカワイイ!し、

巻末の「治兵衛のあきない講座」も面白い!

治兵衛は、「五鈴屋の要石(かなめいし)」と呼ばれた、もと番頭さん

この治兵衛さんがシブくてカッコいいんです

 

1冊目の源流篇から、早瀬篇、奔流編、貫流篇の4冊目まで

とにかく一気に読ませてくれます

6冊目がいつ出るか首を長ーくして待っています

 

何がどうスゴいのか、ぜひ読んでみてください

面白いこと請け合いですgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 読書 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

約3週間ぶりに本をご紹介します

 

前回の10月27日にご紹介した

『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』

の中の講演・対談者の1人

山中伸弥さんつながりの本です

 

昨年2016年10月20日に亡くなった平尾誠二さん

訃報を聞いてブログにアップしましたが、

同志社時代からずーっとファンでした

 

 

「平尾氏見たさに集まった

京都大学iPS細胞研究所のラグビー経験者たちと」

(本文21ページの画像のキャプションです)

左にゴミ箱かしら?「ひこにゃん」が写っています

 

ちょっと長いですが、この画像のエピソードを本文からご紹介

  この研究所にもラガーマンは何人もいるのですが、

  平尾さんが初めて研究所に来ると決まった時、

  僕はそのことを彼らに内緒にしていました。

  当日になって、「今日、平尾誠二さんがみえます」と

  彼らにメールを送ったら、研究の話だとなかなか

  返事をくれないのに、皆、「おーっ!」と意味不明の

  返信をしてきて、すぐ僕の部屋に集まりました。………

うーん、わかるわかる !(^^)!

 

二人の出会いは2010年9月「週刊現代」の対談から、

平尾さんの闘病生活を含め、わずか6年という期間

二人の友情、楽しい思い出、つらい記憶が書かれています

 

「最後の一年」

読んでよかったですgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

 

posted by: more | 読書 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

久しぶりに本のご紹介です

 

先ずは、歌人の永田和宏さんの本

といっても短歌ではなく、

京都産業大学創立年の記念講演・対談シリーズ

「マイ・チャレンジ 一歩踏み出せば、何かが始まる!」を

活字化したものです

 

永田さんは、歌人でもあり、京都大学名誉教授、

そして現在は、

京都産業大学タンパク質動態研究所所長でもあります

 

理系に弱い私としては、理系と聞くだけで

実った稲のように頭を垂れてしまいます(笑)

 

昨日、ブログにアップしましたが

永田さんの短歌はもちろんのこと、

朝日歌壇の選者としての評のファンなんです

この本のタイトルにも惹かれました

『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』

 

講演・対談のお相手も各分野のオーソリティ

山中伸弥(やまなか しんや)

羽生善治(はぶ よしはる)

是枝裕和(これえだ ひろかず)

山極壽一(やまぎわ じゅいち)

 

このそうそうたる方たちもあった、不安、悩み、焦燥、失敗を重ね、

挫折、でもそこから「一歩踏み出した」モチベーションは

何だったのか?

というようなことを語っています

 

理系に弱い私でも

山中さんと山極さんの講演と対談が

とっても興味深くおもしろかったです

 

おススメですgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 読書 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドナルド・キーンさん来高

昨日16日、群馬県立土屋文明記念文学館へ行きました

HPはコチラ矢印

http://bungaku.pref.gunma.jp/

 

企画展「角田柳作(つのだ りゅうさく)とドナルド・キーン」

そして、記念講演会:キーン氏「先生」

   対談:キーン氏×堤伸輔(つつみ しんすけ)氏(新潮社編集委員)

      「私の会った日本の作家たち」

  左:サインしてもらいました 右:図録

 

記念講演会は、定員150名、要申込、先着順とのことで、

9時30分から電話をかけつづけたけれど、つながらず、

やっとつながったのが9時41分で、OKでした

ホッとしましたよ

 

キーン氏の講演は、コロンビア大学時代の恩師である

渋川市出身の角田柳作氏とのエピソードでした

キーン氏のゆっくりとした語り口から、

真摯で泰然とした角田先生が思い浮かびます

 

大学の数多い先生方の中で、ただ1人、

日本語で「SENSEI」と呼べば角田先生のことだったそうです

 

第2部の対談では、

まず、三島由紀夫の名前が挙がりました

最初の出会いは、歌舞伎座の前。

そして、親交の深かった三島の著作の中では『金閣寺』

1000年後も読み継がれる小説であろう

 

阿部公房と言えば、『砂の女』

完璧な小説である

 

そして、瀬戸内寂聴

同じ94歳でも、寂聴さんは「あねさん」だとか

ほかなどなど‥‥‥

終了後のサイン会では、サインはもちろん、握手してもらいました

手の骨格がしっかりしていて、澄んだまなざしが印象的でした

親しみを込めて「キーンさん」と呼びたいですgirl

 


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

posted by: more | 読書 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『40代からの「私」の生き方』

本屋さんで偶然手に取ったこの本

 

  『40代からの「私」の生き方』

                               聞き手・文 伊藤愛子

 

輝き続ける大先輩23人からの、心強くあたたかな

”言葉の花束”

迷い、悩みながら揺るがない「私」をつくってきた先輩たちが

語ってくれた、40代で迎えた転機のこと、

女性の生き方のこと(本の帯から)。

 

草笛充子 佐伯チズ 麻美れい 前田美波里 中村玉緒

平野レミ 鳳蘭 岸恵子 戸田奈津子 阿川佐和子

デヴィ・スカルノ 萬田久子 阿木燿子 横森美奈子

節子・クロソフスカ・ド・ローラ 木の実ナナ

大竹しのぶ 島田順子 桐島洋子 伊藤緋紗子

吉行和子 湯川れい子 稲葉賀恵

 

このそうそうたるメンバーが語ってくれた

悩める女性たちへのエールです

キラキラオーラ☆を身にまとっている人でも

悩まなかったことはない!

 

うれしいインタビュー集です

早速サロンに置きましたgirl


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
 

posted by: more | 読書 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
葉室麟の『山月庵茶会記(さんげつあん ちゃかいき)』
葉室 麟(はむろ りん)作家生活10周年記念」作品!

山月庵茶会記
茶室という空間での銀漢の賦、闘志を内に秘めた
静かな戦いが描かれています。

主人公 柏木靱負(かしわぎ ゆきえ)の師である
千家流の如心斎(じょしんさい)、そして川上不白(ふはく)、
の名も出てきて、茶道に興味がある人もない人も
時代小説の面白さが感じられる本だと思います。

葉室麟は、
今年初めの頃のNHK木曜時代劇『銀漢の賦(ぎんかんのふ)』
   出演者は、中村雅俊、柴田恭兵etc.
昨年の映画『蜩ノ記(ひぐらしのき)』
   出演者は、役所広司、岡田准一etc.
などの原作者です。

藤沢周平の小説のように、
報われずとも地道に生きる人たちの哀歓を描き、
読み始めると、どんどん引き込まれてしまいます。

『蜩ノ記』は、直木賞
『銀漢の賦』は、松本清張賞
を受賞していますが、
宮部みゆきが、清張賞の選考委員を代表して
「藤沢周平を思わせる正攻法の歴史小説‥‥‥。」と
講評したとのこと、思わずウンウンとうなずいちゃいましたgirl
 
posted by: more | 読書 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アゲイン 28年目の甲子園
アゲイン 28年目の甲子園

原作:重松清
脚本・監督:大森寿美男

来年1月17日から放映
映画『アゲイン 28年目の甲子園公式サイトは
    矢印
http://www.again-movie.jp/

早くスクリーンで見たい!
ので、集英社文庫買っちゃいましたgirl
posted by: more | 読書 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コロコロコミックの紙 紙つなげ! 日本製紙石巻工場
たまたま本屋さんの店頭で手に取った本
『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』
― 再生・日本製紙石巻工場 ー


この本の帯には、こう書かれていました

「いつも部下たちには、こう言って聞かせるんですよ。
『お前ら、書店さんにワンコインを握りしめて
コロコロコミックを買いにくるお子さん
のことを
思い浮かべて作れ』と。
小さくて柔らかい手でページをめくっても、
手が切れたりしないでしょう?あれはすごい技術なんですよ。
一枚の紙を厚くすると、こしが強くなって指を切っちゃう。
そこで、パルプの繊維結合を弱めながら、
それでもふわっと厚手の紙になるように開発してあるんです」
        (本文257〜258ページから)

2011年3月11日、宮城県石巻市の日本製紙石巻工場は
津波に呑みこまれ、完全に機能停止しました
製紙工場には「何があっても絶対に紙を供給し続ける」
という出版社との約束があります
日本製紙は、日本の出版用紙の約四割を担っていて、
主力工場が石巻工場です

しかし状況は、従業員の誰もが
「工場は死んだ」と口にするほど絶望的だったそうです
にもかかわらず、工場長は半年での復興を宣言‥‥‥
震災の絶望的状況から、奇跡の工場の復興を果たした
職人たちの知られざる戦いを徹底取材したノンフィクション

しかも本文と帯の最後に
「本書売上げの3%を、公益社団法人 全国図書館協議会を
通じて石巻市の小学校の図書購入費として寄付いたします。」
とあります

買いましょう 読みましょう
著者は、佐々涼子(ささ りょうこ)
発行年月日は、2014年6月25日
出版社は、早川書房です

村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の
単行本の本文用紙も石巻工場で作られています
紙の材料は、広葉樹チップのみ
広葉樹は針葉樹と比べて繊維が短く、柔らかいのが特徴で
この紙の手触りのよさを生みだしているそうですgirl
posted by: more | 読書 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長田弘さんの本
詩人の長田 弘(おさだ ひろし)さんの本


『すべてきみに宛てた手紙』は手紙形式のエッセー集
『黙されたことば』は音楽や音楽家をテーマにした詩集
どちらも大事な本です

長田さんの詩や文は、
身体の中に静かに沁みてきて、
そしてある時、ストンと心に届きます

『すべてきみに宛てた手紙』を読むと、
宛て先の「きみ」が私のように思えてきます
 「どうしても大切にしたいものは何ですか?」

『黙されたことば』のカバー絵は、
パウル・クレーの「忘れっぽい天使」でした
大好きな絵に惹かれて思わず買ってしまいました
 「息するものらは、心をもち、
  生きるものは死ぬことを知った。
  一滴の涙から、ことばがそだった。
  ‥‥‥
  人間とは何だろうかという問いとともに。
  沈黙があった。
  宇宙のすみっこに。」


T先生のご縁でサインをいただきました
うれしい宝物です

11月17日(日)
群馬県立土屋文明記念文学館で
長田 弘さんの講演会があるのを知りました
予定があって行けないのが残念

『最初の質問』という詩は、
今年絵本にもなりました
絵もいっしょに言葉を紡いでいますgirl
posted by: more | 読書 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
楽しい対談&エッセイ漫画『日本建築集中講義』
多種多彩な活動をしている藤森輝信センセイは、
近代建築・都市史研究の第一人者
タンポポハウスやニラハウスも
実際に屋根に植えちゃうのがスゴイ


それで、最近買ったのが
お茶目でシニカルな画風の山口晃さんとの
絶妙なコラボ
日本建築集中講義
月刊雑誌「なごみ」連載を加筆、写真増補して
まとめたもので
さらにパワーアップしてます

 法隆寺から三渓園、西本願寺まで、
 ニッポン各地の名建築13件

 第一回の法隆寺のトビラ

  藤森センセイに傘をさしかける山口画伯
いい味してますよね

建築物にそんなに興味のない方にも
おススメのこの本

読んでいくと
「えっ?、へぇー、ふーん、ふふふ、あっはっはっ‥‥‥」って感じ
藤森センセイの脱線、暴走
山口画伯の愉快な妄想ぶりもイケてます

前に、藤森センセイが
赤瀬川源平さん、南伸坊さんたちとの
コラボがメチャクチャ楽しい路上観測学会
この報告会を聞いたら面白かった

そうそう、山口画伯は、東京生まれだけど、桐生市育ちだそうです

posted by: more | 読書 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |